手続き

手続き

従業員が60歳を迎えた時の手続き

労働力人口の減少による人材確保の難しさや、年金受給開始年齢が65歳に引き上げられている影響で、60歳を超えて働くことが当たり前の世の中となってきています。また、高年齢者雇用安定法でも「60歳未満の定年禁止」「65歳までの雇用確保措置義務」...
手続き

複雑な育休中の社会保険料免除

「2022年10月から育休中の社会保険料免除が変わる」でもお伝えした、育児休業中の社会保険料免除。人事・総務担当者の方の頭を悩ます複雑さとなっています。 今回は、具体的な事例を挙げて、少しマニアックな注意点の解説をしていきます。 ...
手続き

傷病手当金の申請書が変わります

2023年1月より、傷病手当金の申請書が様式変更となります。協会けんぽのホームページで公開されているので、ご確認ください。なお、様式変更となるのは傷病手当金の申請書だけではありません。下記一覧にある申請書(届出書)の様式が変更となります。...
手続き

育休復帰後の手続で社会保険料が下がる?

育児休業から復帰した後、従業員本人が希望した場合に行う手続が2つあります。2つの手続のうち、「育児休業等終了時報酬月額変更」をすれば毎月の社会保険料が下がります。どのような手続なのか、どのような条件を満たすと手続ができるのか、手続をするメ...
手続き

失業認定手続きがマイナンバーカードでできるようになりました

これまで、失業認定等の際には、受給資格決定時に提出した写真が貼付された「雇用保険受給資格者証」で本人確認が行われていました。2022年10月1日以降、希望者はマイナンバーカードによる本人認証をできるようになりました。 対象となる手続...
手続き

パパママ育休プラスを知っていますか?

育児休業制度の中にある「パパ・ママ育休プラス」をご存知でしょうか?この「パパ・ママ育休プラス」は育児休業制度の特例です。そして、認知度も利用者数も低いです。令和3年度雇用均等基本調査によると、利用者はわずか2.3%程です。 パパ・マ...
手続き

初めて従業員を雇うときに必要なこと~労災保険・雇用保険~

事業を始めて、初めて従業員を雇うことになったとき、何をしなければいけないのか?前回の社会保険に続き、今回は労災保険・雇用保険について解説をします。 労災保険・雇用保険とは? 【労災保険】業務上の事由又は通勤による労働者...
手続き

初めて従業員を雇うときに必要なこと~社会保険~

事業を始められて、初めて従業員を雇うことになったとき、何をしなければいけないのか?まずは社会保険の手続きについて、解説をします。 そもそも社会保険とは? 社会保険とは、広い意味での社会保険と狭い意味での社会保険、2...
手続き

たった1分の残業にも必要な36協定

36協定をご存知でしょうか。正式名称は「時間外労働・休日労働に関する協定届」です。労働基準法の第36条が根拠となっていることから、通称「36(サブロク)協定」と呼ばれています。「うちは、36協定を労働基準監督署に届出していない」という状態...
タイトルとURLをコピーしました